• バンクーバー留学センターのFacebook
  • バンクーバー留学センターのtwitter
  • バンクーバー留学センターのinstagram
  • バンクーバー留学センターのyoutube
  • 日本オフィス電話番号日本オフィス 0120-4192-09
  • バンクーバーオフィス電話番号バンクーバーオフィス +1-604-349-0976

【随時更新】新型コロナウィルスへのカナダ政府・BC州の対応まとめ

3月11日、世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行を「パンデミック」と宣言し、
カナダ国内、またバンクーバーのあるBC州でもコロナウイルスの感染が拡大しています。

20秒間の手洗い、うがい、咳やくしゃみをする際は口を覆うなど、基本的な予防対策をしっかり行い、
不要不急の外出は控えるよう心がけてください。


少しでも体調が優れない場合は無理をせず、高熱や咳が出るなど感染の疑いがある場合には、
必ず病院・保険会社、「811」へお問い合わせ頂き、対応を確認するようにしましょう。

下記、カナダ政府やBC州政府からのコロナウイルスに関する発表、在バンクーバー日本国総領事館からの連絡、
留学生の生活に影響するニュースを日付ごとに抜粋して掲載していますので、ぜひご参照ください。

また状況は刻一刻と変化していますので、ご自身でも州保健省のWebサイトや報道等から最新情報の収集に努め、
誤情報に惑わされないよう冷静に対応していきましょう。

新型コロナウィルスの影響に伴う、よくある質問に関しては、下記のページでもご案内しておりますので、併せてご覧ください。


新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、3月24日(火)より、バンクーバー留学センターのオフィスをクローズし、
緊急の場合のみアポイントメント制で対応させて頂いております。


オフィスでのイベント含め、通常サービスを再開する際は、確定次第、改めてご案内させて頂きます。
ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解頂きますよう、よろしくお願い致します。

なおメールやLINEでのカウンセリングは通常通り行っておりますので、ご留学の相談はお気軽にお問い合わせください。

5月27日
  • BC州の緊急事態宣言(state of emergency)の延長

BC州の緊急事態宣言(state of emergency)が6月9日まで延長されました。


6月<バンクーバー⇔日本>航空会社の運航状況
  • Air Canada 運航日

バンクーバー→成田:月、水、金、日
成田→バンクーバー:月、火、木、土

※夏季限定就航のバンクーバー⇔関空便は、今季は全便運休が決定しています。

  • 全日空 運航日

バンクーバー⇔羽田:月、水、金

  • 日本航空 運航日

バンクーバー→成田:日
成田→バンクーバー:土


5月19日
  • BC州政府が規制を第2段階(フェーズ2)に緩和

BC州政府は経済活動再開に関し、5月15日付けで一連のガイドラインを発表し、5月15日に小売店の営業再開、5月19日に店内飲食を含む飲食店の営業が認められるようになりました。

BC州内での感染も落ち着いてきており、5月19日の新たな感染者は2名のみ、BC州内の累計感染者数は2,446人(入院:45名(そのうち集中治療室:12人)、完全回復:1,975人)となっておりますが、引き続き、「物理的距離(Physical Distance)」の維持や手洗いなど、感染症対策に務めましょう。


5月13日
  • BC州の緊急事態宣言(state of emergency)の延長

BC州の緊急事態宣言(state of emergency)が5月26日まで延長されました。


5月8日
  • ワーキングホリデービザでの入国の際に、ジョブオファーが必要になりました!

新型コロナウィルスの影響を受け、2020年5月8日から、ワーキングホリデービザの承認レターを持ってカナダに入国される場合、雇用主からのジョブオファーが必須となりました。事前に就労先が決まっていない場合は、ワーキングホリデービザでカナダに入国することができなくなりましたので、ご注意ください。

本臨時措置の期間は未定のため、今後また制度の変更やアップデートがあり次第、改めてアナウンスさせて頂きます。

現段階ではお客様の安全の確保のお約束が難しいため、積極的な入国はお勧めしておりませんが、やむを得ない事情で、どうしてもワーキングホリデービザで入国をされたいという方は、お仕事のご紹介も可能ですので、ぜひお問い合わせください。

参照:IRCC Webサイト
Coronavirus disease (COVID-19): International Experience Canada applicants


5月6日
  • BC州政府が様々な規制を段階的に緩和していくことを発表

6日、ホーガンBC州首相は記者会見を行い、新型コロナウイルスの感染拡大によってとられている様々な規制を段階的に緩和していくことを発表しました。5月中旬には、(1)少人数の集会、(2)延期されていた手術や、理学療法、歯科、カイロプラクティスや対面カウンセリングといった医療サービス、(3)レストランやカフェ、美容室や理髪店、小売店、事務職といった、その他(non-essential)の職種の業務、(4)州立公園(日中のみ)、(5)博物館、美術館、図書館、(6)チャイルドケア、(7)州議会の招集、などが再開される見込みとのことです。

その後も状況を見つつ段階的に規制を解除し、また、学校についても段階的に再開に向けた判断をしていくとしていますので、詳細をBC州のウェブサイトで確認するようにしてください。

この経済活動再開にむけた一連の動きの中で、閉鎖されていたBC州立公園が5月14日から再び日中開放されます(ただし、キャンプなどの宿泊は不可)。不要不急の移動は避けるべきですが、精神衛生上の健康を維持するためには外で過ごす時間も必要であり、物理的な距離を保った上で散歩することなどはBC州保健省も推奨していますので、ご自宅の近くで利用できる公園がないか、お時間あるときに検索してみてください。

参照:BC州政府
経済活動再開に向けたBC州のロードマップ


5月4日
  • Air Canada:搭乗手続きの検温や健康状態に関する質問の義務化を発表
  • Translink:6月1日からバス・シーバスの運賃徴収、バス前方からの乗車を再開

Air Canadaでは、5月4日に新型コロナウィルスの感染防止策として、搭乗手続き時の検温や健康状態に関する質問を行うと発表しました。
なお、バンクーバー国際空港では、引き続き、全ての航空会社において、航空機利用の際にマスク(非医療用のもの)または口と鼻を覆うフェイスシールド(face covering)の携帯・着用が義務付けられていますので、ご留意ください。

また、バンクーバー近郊の公共交通機関を管轄するTranslilnkは、6月1日からバスやシーバスの運賃の徴収バス前方からの乗車を再開すると発表しました。


4月29日
  • BC州の緊急事態宣言(state of emergency)の延長

BC州では、新型コロナウィルスの感染者が2,053人に増加しました。【入院:94人(内集中治療室:37人)、完全回復:1,231人】
感染後に回復した人の数も増えていますが、新たな感染者は相変わらず発生しており、
BC州の緊急事態宣言(state of emergency)が5月12日まで延長されました。


4月23日
  • B.C. Emergency Benefit for Workersの申請開始に関する発表

5月1日(金)より、BC州の労働者への緊急支援手当(B.C. Emergency Benefit for Workers)の申請が開始することが発表されました。
こちらは1回限り非課税の給付金で、申請条件は下記の通りです。

【申請条件】
・2020年3月15日の時点でBC州に居住している方
・CERBの受給資格を満たしている方*
・CERBを受給中またはまだ給付金は受け取っていないが、申請が承認されている方
・申請時に15歳以上の方
・2019年のタックスリターンを申告済みまたは申告することに同意している方
・州からの収入支援または障害者の方への支援を受けていない方

*CERBの申請条件
カナダに居住をしている15歳以上Social Insurance Number(SIN)をお持ちの方
COVID-19により収入を失った方 ※自発的に仕事を辞めた場合は対象外
・2019年または申請日から遡って12か月以内に$5,000以上の収入があった方
・4週間毎の申請期間内に連続で14日間収入を失い、収入を得る見込みがない方
※4月15日以降、CERBを受け取っている方も4週間毎の給付期間内に$1,000(額面)までであれば収入を得ることができ、
また3月15日~4月11日の期間に$1,000(額面)の収入を得ていた方も遡って申請が可能となりました。

【申請前に必要なもの】
・Social Insurance Number(SIN)
・銀行口座のダイレクトデポジットの情報 ※こちらの給付金は、申請者の銀行口座に直接振り込まれます。
・CERBの申請 ※必ず事前にCERBの申請が必要となります。

【申請方法】
オンラインまたは電話
※電話での申請は5月4日よりスタートしますが、インターネットにアクセスできない環境の方向けの申請方法のため、オンラインでの申請が推奨されています。

参照:BC州政府
B.C. Emergency Benefit for Workers


4月20日
  • 航空機利用の際のマスクまたは口と鼻を覆うフェイスシールドの携帯・着用の義務化

BC州では、新型コロナウィルスの感染者が1,699人に増加しました。【入院:104人(内集中治療室:49人)、完全回復:1,039人】
BC州政府は、これまでの取組が成果をあげているものの、引き続き感染防止の取組が必要である旨呼びかけています。

また20日より航空機利用の際にマスク(非医療用のもの)または口と鼻を覆うフェイスシールド(face covering)の携帯・着用が義務付けられますので、ご留意ください。たとえば、他人との距離が十分に取れない場所(空港の保安検査所やその他航空会社係員より指示された場合)や保健当局係員による指示があった場合には、必ずマスク/フェイスシールドを着用しなければならず、それ以外の場合でも、着用していることが望ましいとされています。さらに、マスク/フェイスシールドを所持していない場合には搭乗を拒否される可能性があるとのことなので、呉々もご注意ください。なお、船舶、列車、バスを利用する場合においても、マスク/フェイスシールドの着用が勧められています。

米国との国境管理に関しても、18日、トルドー首相は、米国への渡航を制限するこれまでの措置をさらに30日間延長することで米国側と合意した旨発表していますので、ご注意ください。


5月<バンクーバー⇔日本>航空会社の運航状況
  • Air Canada 運航日

バンクーバー⇔成田:運休
※6月以降、週4便の運航を予定しています。

  • 全日空 運航日

バンクーバー⇔羽田:月、水、金
※5月16日以降の運航状況は未定です。

  • 日本航空 運航日

バンクーバー→成田:日 ※5月1日は運航、5月3日は運休
成田→バンクーバー:土 ※5月2日は運休


4月15日
  • BC州の緊急事態宣言(state of emergency)の延長
  • 東京医科大学病院・渡航医療センターより海外在留邦人向け「新型コロナウィルス感染症 よろず相談窓口」設置のお知らせ
  • CERB(Canada Emergency Response Benefit)の申請条件の緩和

BC州では、新型コロナウィルスの感染者が1,561人に増加しました。【入院:131人(内集中治療室:59人)、完全回復:955人】
感染後に回復した人の数も増えていますが、新たな感染者は相変わらず発生しており、
BC州の緊急事態宣言(state of emergency)が4月28日まで延長されました。

なお東京医科大学病院・渡航者医療センター・渡航医療センターに、
海外在留邦人向けの「新型コロナウィルス感染症 よろず相談窓口」が開設されました。

<対象者>海外在留邦人
<相談員>海外社医療センター医師・看護師
<費用>無料
<相談方法>東洋医科大学病院 渡航者医療センター: travel3@tokyo-med.ac.jp

上記アドレスに下記を記載のうえ、お問い合わせください。

1. お名前またはイニシャル(姓・名)
2. 滞在国・都市名
3. ご年齢
4. 性別
5. 新型コロナウィルス感染症に関する健康相談内容(300文字まで)

※日本国内から可能な範囲でご相談をお受けします。
※なるべく早いお返事を心がけますが、時差等ございますので、長くて2~3日を要する場合がありますことをご理解ください。
※質問内容によっては、当方ではお答えできないものもあります。

また4月15日(水)より、カナダ緊急対応給付金(Canada Emergency Response Benefit)の申請条件が緩和されました。
これまではCOVID-19により完全に収入を失った方が対象となっていましたが、
今後はCERBを受け取っている方も4週間毎の給付期間内に$1,000(額面)までであれば収入を得ることができ、
また3月15日~4月11日の期間に$1,000(額面)の収入を得ていた方も遡って申請が可能となります。

申請方法は、下記、CERB申請方法ページをぜひご参考ください。
Canada Emergency Response Benefit(CERB)の申請方法

参照:在バンクーバー日本国総領事館
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる注意喚起(4月15日)
「新型コロナウィルス感染症 よろず相談窓口」のご案内

参照:Government of Canada
Eligibility criteria for CERB have changed


4月8日
  • 「自己隔離計画」の提出の義務化

BC州では、新型コロナウィルスの感染者が1,336人に増加しました。【入院:135人(内集中治療室:61人)、完全回復:838人】
また、米国を含む海外からBC州に戻ってきたすべての人に「自己隔離計画」の提出が義務づけられることがBC州政府より発表されました。提出はオンラインによる事前提出か、空港などの入国審査場で記入済みの用紙を提出する必要があり、BC州はオンラインでの事前提出を強く勧めています。なお、BC州による「自己隔離」命令に反した場合には、最高で750,000ドルの罰金禁固6か月の刑に処せられる可能性がありますので、十分注意してください。

更に、8日付でBC州内のすべての州立公園も新型コロナウイルス感染拡大防止のために閉鎖されることとなりました。長引く「自粛モード」に嫌気がさしている方が大半かと思いますが、ここは気を引き締め、新型コロナウイルスへの感染を防止するため、「物理的距離(physical distance)」の維持や手洗いなどの感染症対策を引き続き励行ください。

参照:
「自己隔離計画」の提出について
バンクーバー国際空港(YVR)到着時の流れ
「自己隔離計画」提出に関するファクトシート


4月6日
  • CERB(Canada Emergency Response Benefit)の申請開始

本日、4月6日(月)より、カナダ緊急対応給付金(Canada Emergency Response Benefit)の申請が開始しました。
COVID-19により収入を失い、下記の条件に当てはまる方は、週$500の給付金を、最大16週間受け取ることができます。

【申請条件】
カナダに居住をしている15歳以上Social Insurance Number(SIN)をお持ちの方
COVID-19により収入を失った方 ※自発的に仕事を辞めた場合は対象外
・2019年または申請日から遡って12か月以内に$5,000以上の収入があった方
・4週間毎の申請期間内に連続で14日間収入を失い、収入を得る見込みがない方

【申請日】※誕生月ごとに分かれています。
1月・2月・3月生まれ:毎週月曜日(初日:4月6日)
4月・5月・6月生まれ:毎週火曜日(初日:4月7日)
7月・8月・9月生まれ:毎週水曜日(初日:4月8日)
10月・11月・12月生まれ:毎週木曜日(初日:4月9日)
※金曜日・土曜日・日曜日はどなたでも申請が可能です。

【申請方法】
オンラインまたは電話
https://www.canada.ca/en/services/benefits/ei/cerb-application.html

下記、CERB申請方法ページをぜひご参考ください。
Canada Emergency Response Benefit(CERB)の申請方法


4月2日
  • バンクーバーの治安の悪化について

BC州では、新型コロナウィルスの感染者が1,121人に増加しました。【入院:149人(内集中治療室:68人)、完全回復:641人】
また、最近、様々な商業施設・公共施設が閉鎖され、不要不急の外出の自粛が呼びかけられていることもあり、昼間でも人通りが少なくなり、これまでは安全だと思われていた地域でも以前とは様子が異なりつつあります。遠回りであっても交通量が多い大通りを通り,裏通りには立ち入らないようにして下さい。また、公共交通機関を利用する際、バスなど運転手がいる乗り物では運転手から目の届く場所に乗車し、挙動不審な乗客がいれば乗車位置を変える、不審者がいる場合は次の便にするなど、警戒してください。イヤホンで音楽等を聴いていたりすると、周囲の音にも気づきにくくなり危険を察知できない場合もあります。バンクーバー都市圏においても、今般の新型コロナウイルスに絡んで東洋人が暴行被害に遭ったとの報道もあります。外出が必要な際はできる限り昼間に用事を済ませるようにし、どうしても夜間出歩かなければならないときはご自身の安全に十分に留意し、危険とされている地域には立ち入らず、被害が発生したり、危険な状態に陥ったりしたときには直ちに「911」に電話してください。

参照:BC州保健省
Joint statement on Province of B.C.’s COVID-19 response and latest updates


4月1日
  • 日本政府による水際対策強化に係る新たな措置の発表

4月1日、日本政府は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う水際対策強化に係る新たな措置として
カナダを含む49か国・地域からの日本人を含む入国者に対し、下記を要請することを決定しました。

PCR検査の実施
・検疫所長の指定する場所(自宅、空港内のスペース、検疫所長が指定した施設等)での14日間の待機
・帰国後14日間は、日本国内において公共交通機関を使用しない

上記措置は、日本時間4月3日(金)午前0時以降に日本に到着する飛行機等から対象となります。

また14日間の待機場所及び空港からその待機場所への移動手段は、
公共交通機関(鉄道、バス、タクシー、航空機(国内線)等)を使用せずに移動できることが条件となりますので、
家族や所属会社等を通じてまたはご自身でレンタカーを手配するなどして、事前に確保するようお願いしています。

参照:外務省海外安全ホームページ
日本における新型コロナウイルスに関する水際対策強化(新たな措置)


3月31日
  • BC州の緊急事態宣言(state of emergency)の延長
  • 在バンクーバー日本国総領事館からワーキングホリデービザ及び短期査証でカナダに滞在されている方へのお知らせ

BC州の緊急事態宣言(state of emergency)が延長されました。
ワーキングホリデー及び短期査証でカナダに滞在されている方は、
今後、厳しい雇用状況が当面続くこと、帰国の手段が更に限定的になる可能性があること、
感染対策措置に違反した場合には多大な罰金が課されたり逮捕されたりする可能性があること等を十分に理解頂き、
自力での帰国が困難となる前に、日本への帰国を視野に入れて行動してください。


3月30日
  • 物理的距離(physical distance)の維持の徹底
  • 新型コロナウィルスへの感染を疑わせる症状がある場合のカナダ国内線の利用禁止

BC州では、新型コロナウィルスの感染者が970人に増加しました。【入院:106人(内集中治療室:60人)、完全回復:469人】
「社会的距離(social distance)」改め「物理的距離(physical distance)」の維持
手洗いうがいの徹底など、感染症対策をこれまで以上に徹底し、引き続き感染予防に努めてください。
また、3月30日から、発熱、咳、呼吸困難などの新型コロナウィルス感染を疑わせる症状のある場合、
カナダの国内線の利用が禁止されていますのでご留意ください。

参照:BC州保健省
Joint statement on Province of B.C.’s COVID-19 response and latest updates


4月<バンクーバー⇔日本>航空会社の運航状況
  • Air Canada 運航日

バンクーバー→成田:火、木、土
成田→バンクーバー:水、金、日
※4月9日~4月30日は、全便運休となっています。

  • 全日空 運航日

バンクーバー⇔羽田:月、水、金
※上記の曜日でも運休が確定している日程もあります。
※4月24日以降の運航状況は未定です。

  • 日本航空 運航日

バンクーバー→成田:月、金
成田→バンクーバー:火、日


3月26日
  • カナダの学生ビザ&就労ビザを持つ人の入国緩和

3月20日に発表された、すでに有効な就労ビザや学生ビザをお持ちの方
および3月18日以前に学生ビザの許可証を取得している方の入国ができるようになりました。
搭乗前と入国前の健康確認および入国後14日間の自己隔離(義務)が必要です。
入国前に症状がある方は入国できませんので、ご注意ください。

参照:Government of Canada
How COVID-19 is affecting business at IRCC


3月25日
  • カナダ入国後14日間の自己隔離が義務化

カナダ国外からカナダに入国した人への14日間の自己隔離が義務化されました。

BC州では、新型コロナウィルスの感染者が617人に増加しました。
感染者数が引き続き増加しており、BC州内の様々な地域で新たな感染者が発生している状況です。
「社会的距離(social distance)」の維持手洗いうがいの徹底など、感染症対策をこれまで以上に徹底し、
引き続き感染予防に努めてください。

参照:BC州保健省
Joint statement on Province of B.C.’s COVID-19 response and latest updates


3月23日
  • “Enough is enough. Go home and stay home.”

カナダのトルドー首相が、外出自粛を守らない人に向け、改めて強く、自粛の要請を行いました。
これを受け、DEOW/バンクーバー留学センターのオフィスも24日(火)より、クローズさせて頂くことになりました。

参照:CBC NEWS
Go home and stay home, Trudeau tells Canadians as government warns of COVID-19 enforcement measures


3月20日
  • カナダの学生ビザ&就労ビザを持つ人の入国緩和措置の発表

すでに有効な就労ビザや学生ビザまたは3月18日以前に学生ビザの許可証を取得している方の入国の緩和措置が発表されました。
具体的な入国可能時期等の詳細は来週、発表される予定です。

参照:Government of Canada
Canada provides update on exemptions to travel restrictions to protect Canadians and support the economy


3月20日
  • 全日空・日本航空からバンクーバーへのフライト運休、減便のお知らせ

  • 全日空による日加間の国際航空路線の運休状況は以下の通りとなっております。
    羽田・バンクーバー線(NH116/NH115)
    ・3月24日、3月26日 運休
    ・3月29日から4月24日まで減便(週7 から週4に変更)月・水・金・土曜日運航

    参照:ANA
    新型コロナウイルス感染拡大に伴う国際線路線・便数計画の一部変更について


    日本航空による日加間の国際航空路線の運休状況は以下の通りとなっております。
    成田・バンクーバー線(JL018、JL017)
    ・3月21日から28日まで臨時運休

    参照:JAL
    〔2月6日~3月28日搭乗分〕新型コロナウイルス肺炎の影響に伴う一部運休・減便・時間変更について

    短期滞在で当地滞在されている方で期限が迫っている方や日本への帰国を予定されていた方については、
    今後の状況を注視しつつ、振替便の手配等旅行計画の変更等についてご検討ください。
    特に上記期間中に出発を予定されていた方については、お早めに各航空会社またはご利用の旅行会社に連絡してください。


    3月19日
    • バンクーバー市より緊急事態宣言(state of emergency)の発令

    • BC州に続き、バンクーバー市でも緊急事態宣言が発令され、州又は市が住民やコミュニティーを守るための法的行使が可能となりました。
      スーパーや薬局など一部を除き、図書館やジムなどの施設や、カフェやバーなども営業を停止し、
      レストランはテイクアウトのみで営業しています。
      これまで以上に不急不用の外出を控え、人との近距離での接触を避けるよう通達が出ました。
      なお、Translinkは、バスのドライバーと乗客の距離を確保するため、20日(金)から、
      バスの乗り降りを後ろのドアからのみに制限し、運賃を無料とすると発表しました。

      参照:City of Vancouver
      Vancouver City Council declares local state of emergency


      3月18日
      • カナダ・米国間ですべての不要不急の渡航を一時的に制限
      • BC州で緊急事態宣言(state of emergency)の発令

      • カナダのトルドー首相は、カナダ・米国間ですべての不要不急の渡航を一時的に制限する旨発表しました。
        また、BC州政府は、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、緊急事態宣言を発表しました。
        BC州では、新型コロナウィルスの感染者が231人に増加しました。

        参照:在バンクーバー日本国総領事館
        新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかる注意喚起(3月18日)


        3月17日
        • ビザの入国期限およびバイオメトリクスの登録期限の延長措置

        • カナダ国内およびアメリカのバイオメトリクスの登録センターが閉鎖され、
          通常30日間のバイオメトリクスの登録期限が、自動的に90日間に延長されることになりました。
          また、新型コロナウィルスの影響を受け、ワーキングホリデービザや学生ビザの入国期限までに入国ができず、
          入国期限が1か月を切っている方IRCC Web Formより入国期限の延長申請ができます。


          3月16日
          • カナダ国民及び永住権資格保持者、カナダ国籍者の家族、米国民、外交官、航空関係者を除く全ての人の国外からの入国を禁止
          • 国際線を受け入れる空港がトロント、モントリオール、バンクーバー、カルガリーに限定
          • 50人以上が集まるイベントや集会の中止を要請
          • 介護施設への不要不急の訪問の自粛を要請

          • カナダのトルドー首相は、新型コロナウィルス対策として、
            カナダ国民および永住権資格(PR)保持者以外のカナダへの入国を3月18日(水)から禁止する旨発表しました。
            あわせて、国際線を受け入れる空港が、トロント、モントリオール、バンクーバー、カルガリーに限定されました。
            また、BC州政府は、新型コロナウィルス感染防止策の一環として、50人以上のイベントの中止等を要請しました。
            BC州では、新型コロナウィルスの感染者が103人に増加しました。

            参照: 毎日新聞
            カナダも外国人の入国禁止 米国民などは対象外

            参照:BC州保健省
            Joint statement on Province of B.C.’s COVID-19 response, latest updates


            3月12日
            • 米国を含め、不要不急の海外渡航を中止するよう要請
            • カナダ国外から入国した全ての人に対する14日間の自己隔離の要請
            • 250人以上が集まるイベントの中止を要請

            BC州政府は、新型コロナウィルス感染防止策の一環として、不要不急の海外渡航の中止
            カナダ国外から入国した全ての人に14日間の自己隔離を要請しました。
            BC州では、新型コロナウィルスの感染者が53人に増加しました。

            参照:在バンクーバー日本国総領事館
            COVID-19(新型コロナウイルス)にかかる注意喚起


            3月11日
            • 新型コロナウイルス「パンデミック」宣言

            • 世界保健機関(WHO)が、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス(COVID-19)を「パンデミック」と宣言しました。
              中国国外の感染者の数が2週間で13倍に急増し、感染者を抱える国の数も3倍になったことを受け発表されました。

              参照:WHO
              WHO Director-General’s opening remarks at the media briefing on COVID-19


              3月2日
              • イランおよび中国からの帰国者に14日間の自己隔離を要請

              • BC州政府は、イランおよび中国からの帰国者全員に「14日間の自己隔離」を求めつつ、
                カナダ国外からカナダに入国する全ての渡航者に対して症状に注視し、
                何らかの症状が現れれば他人との接触を制限して「811」に電話するよう求める声明を出しました。


                2月24日
                • BC州で7人目の新型コロナウイルス感染者を確認

                • BC州政府は、新型コロナウイルスに感染したと推定される7人目の患者が発生した旨発表しました。


                  2月14日
                  • BC州で5人目の新型コロナウイルス感染者を確認

                  • BC州政府は、新型コロナウイルスに感染したと推定される5人目の患者が発生した旨発表しました。


                    2月4日
                    • BC州で2人目の新型コロナウイルス感染者を確認

                    • BC州政府は、新型コロナウイルスに感染したと推定される2人目の患者が発生した旨発表しました。


                      1月28日
                      • BC州初の新型コロナウイルス感染者を確認

                      • BC州政府は、新型コロナウイルスに感染したと推定される患者が1名発生した旨発表しました。
                        BC州保健省は、現時点でBC州における新型コロナウイルスの拡大リスクは低いと述べています。

                        参照:BC州保健省
                        Joint statement on the first case of 2019 novel coronavirus in B.C.


                        1月27日
                        • カナダ初の新型コロナウイルス感染者を確認

                        • オンタリオ州で、カナダ国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されました。
                          カナダ政府は、武漢などを含め中国湖北省への渡航を避けるようリスクレベルを引き上げたと発表しました。

更新日:2020.05.25

お問い合わせ

バンクーバーオフィス電話番号日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

バンクーバーオフィス電話番号バンクーバーオフィス

1-604-349-0976

月~金10:00~18:00(バンクーバー時間)

Copyright © DEOW Education Canada, Inc all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約