• バンクーバー留学センターのFacebook
  • バンクーバー留学センターのtwitter
  • バンクーバー留学センターのinstagram
  • バンクーバー留学センターのyoutube
  • 日本オフィス電話番号日本オフィス 0120-4192-09
  • バンクーバーオフィス電話番号バンクーバーオフィス +1-604-349-0976

社会人からカナダの大学進学!バンクーバー留学体験談 PART 3

名前 A
学校 ILAC + Capilano University
期間 ILAC:2017年4月-2017年12月 + Capilano University:2018年12月-2019年9月
ビザ 学生ビザ

PART 2では、語学学校の様子や大学選びの流れなどについてシェアさせて頂きました。最終回の今回は大学進学手続きやプログラムの内容、大学生活についてお話します♪

1.進学手続き

IMG_0503キャピラノ大学へ入学するには、ILACで実施されるTOEFLテストで80点以上を取る必要があり、私が最初にこのテストを受けた時は60点だったので、20点以上も伸ばす必要がありかなり必死に勉強する必要がありました。ILACでのTOEFLテストではスピーキングのテストは無かったので、リーディング、リスニング、ライティングを中心に勉強していきました。私は特にリスニングが苦手だったので、普段からTED Talksという英語のプレゼンテーションの無料配信動画を見たり、英語のラジオを聞いたりしてリスニング力を鍛えていきました。あとは自分の英語の発音を良くするとリスニング力も上がるいうことを聞いたので、なるべくネイティブの発音に近くなるように意識して話していました。そして最初にTOEFLテストを受けてから2か月後、幸いにも80点以上を取得できたので、ここから学校へ提出するレジュメの作成やデポジット・授業料等の支払いなどILACの進学アドバイザーの方と共に本格的に大学進学の手続きを進めていきました。進学が決まってからはまた一般英語コースに戻り、引き続き英語の勉強を続けていきました。そして2017年12月に15レベルでILACを卒業し、翌年1月にキャピラノ大学へ入学しました。

2.キャピラノ大学進学

Orientationキャピラノ大学への入学前は、人生初の大学生活に少し不安もありましたが、新しく出会う友達、新たな分野の習得、大学のイベントの参加など楽しみな気持ちと期待の方が大きかったです。クラスは1月3日からスタートしたのですが、その前日にはオリエンテーションがありました。私のコースは留学生専用のコースなので、オリエンテーションには世界中から集まった様々な人種の生徒がいて、これからこのグローバルな環境に身を置いて勉強ができることをとても嬉しく感じたことを覚えています。この日に何人かのクラスメートと顔を合わせ、仲良くなることができました。
翌日からいよいよ授業がスタートしました。春の学期は全5コースあり、初めはそれぞれの授業スタイルに慣れることに必死でしたが、楽しく親切なクラスメートのおかげでクラスにはすぐに馴染むことができました。私のクラスには韓国、中国、台湾、ベトナム、インドネシア、インド、ブラジルからの生徒がいて、休み時間にはそれぞれの国の文化や言語について話すこともあるのですが、日本が大好きだったり興味を持ってくれている人が多く、とても嬉しくなりました。インターナショナルなクラスだとこのようにお互いの文化についてシェアできたり、新しい発見があったりするのでとても楽しいです。ちなみに私のクラスには日本人が私1人しかいないので、母国語に頼ることができず完全に英語環境ということもあり、初めは少し不安で心細くもありましたが、今となってはこれが自分の英語力上達に繋がっていると感じます。

3.大学のプログラム

Okanagan課題についてですが、やはり大学という事もあり、量がとても多いです。特に春の学期は5コース取っていたので、それぞれのコースで小テストや中間・期末テストがあり、その他にも個人でする課題、グループ課題、プレゼンテーション課題など様々な課題があり、テスト勉強と並行してやっていく必要があったのでとても大変でした。そのため授業後は基本的に学校の図書館に行き、クラスメートと遅くまで課題をしていました。カレッジ・大学に通うための学生ビザは週20時間までのアルバイトが出来るため、パートタイムでアルバイトもしており、勉学とアルバイトとのバランスを自分でうまく取っていくことも大学生活の1つの課題だと感じました。
大学生活は大変なことだけではなく、楽しいイベントもたくさんあります。特にField Tripと言われる実地見学(旅行)が学校のプログラムの一環として組み込まれており、クラスメートとグランビルアイランドのFoodie Tour に参加したり、ウィスラーに1泊旅行をしたりしました。ツアーガイドとして働いている人やホテルで働いている人の話を実際に聞き、ツーリズム業界がバンクーバーでいかに大きな割合を占めているのかを知ることができ、同時に人との関わりを持てる仕事の魅力を改めて感じました。そしてこのツーリズムマネージメントコースには、Co-opプログラムという現地の企業で就労体験ができるプログラムも組み込まれています。自分で現地企業に実際にアプライをして、面接を受け、採用されれば有給もしくは無給で計280時間以上そこで働くことになります。自分が興味のある分野で実際に働くことができ、さらにインターン先でそのまま就職する生徒もいるので、大学卒業後の就職に向けて自分をアピールする大変良い機会だと思います。

4.最後に

そんな私の大学生活は驚くほどあっという間に過ぎていきましたが、大学生活や普段の生活から得たものはとても多く、また自分が楽しく日々を過ごせているのも、すべて支え応援してくれている家族や友達の存在があるからです。周りの環境に常に感謝しながら、バンクーバーでの生活がさらに充実したものになるように、何事にも全力で楽しく取り組んでいきたいと思います。

お問い合わせ

バンクーバーオフィス電話番号日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

バンクーバーオフィス電話番号バンクーバーオフィス

1-604-349-0976

月~金10:00~18:00(バンクーバー時間)

Copyright © DEOW Education Canada, Inc all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約