• バンクーバー留学センターのFacebook
  • バンクーバー留学センターのtwitter
  • バンクーバー留学センターのinstagram
  • 日本オフィス電話番号日本オフィス 0120-4192-09
  • バンクーバーオフィス電話番号バンクーバーオフィス +1-604-349-0976

カナダ高校留学

一昔前は、中学・高校留学と言えば国や企業支援団体による一部の人がされているものでしたが、最近では中学・高校留学に対する情報や知識が広まりつつある事から、将来を見据えてより早い段階から海外留学を視野に入れる中・高生が増えています。留学先は多岐に渡りますが、一般的には英語圏に留学する方が最も多いと言えるでしょう。
そして、その中でもカナダは世界中で最も中学・高校留学に適した国と言えます。

カナダの高校留学がお勧めな理由

  • 州政府から留学生へのバックアップ体制が充実している

  • 基本的に入学時には英語力が問われない

  • 私立と公立の両方から選べ、選択性肢が広多い

  • ホームステイのクオリティが高い

  • アメリカとほぼ同じ教育システムを取り入れているため卒業後の選択肢が幅広い


カナダでの中学・高校留学は進学に優位な選択ができる?

アメリカで高校卒業を目指す場合、私立のボーディングスクールへの留学が主となり費用が非常に高いです。それに比べカナダは学費がリーズナブルな公立校へ通うことができ、且つ、公立校も留学生の受け入れ態勢がしっかりしておりESLもカリキュラム化されているところが多いです。 またカナダの大学は、世界でもトップ50位に入る有名大学が多数あり、高校卒業後の進路においても優位な選択ができる可能性が高いと言えるでしょう。
中学・高校一覧を見る

カナダの教育制度について

カナダの公立高校では、高校学校によって“リニア制”“セメスター制”のいずれかが設けられており、リニア制の場合には年に1度、セメスター制の場合には年に2-3度の入学時期が設けられています。また、学年の分け方はグレード(Grade)制が用いられています。BC州の場合は、エレメンタリー(Elementary)がGrade1~8【6-13歳】まで、セカンダリー(Secondary)がGrade 9~12【14-17歳】までです。

リニア制とセメスター制の違い、それぞれのメリットとデメリット

School calender
カナダの公立高校では、一般的に1年間で8科目を履修しますが、リニア制ではその8科目を1年間ずっと並行して勉強するのに対し、セメスター制では1学期に4科目、2学期に4科目といった様に計8科目を前半と後半に分けて勉強していきます。

リニア制とセメスター制、どちらにもメリットとデメリットがあると言われていますが、リニア制の場合1年間かけて同じ8科目を勉強していくため、次の学年へ進んだ時には今までに習ってきた授業内容を忘れることなく順応して次のステップへ進むことが出来ると言われています。その反面、一気に集中して学ぶことが出来ず1年の最後には8科目分の試験をまとめて受ける必要があります。逆にセメスター制の場合、前半と後半に分けてそれぞれ4科目ずつの勉強をするため、試験も4科目ずつに分けて前期と後期に受けることが出来ます。但し、通常は1年間かけて学ぶ内容をおよそ半年で濃縮して勉強するため、クラスの進むスピードが速くクラスについていくのが大変だと言う意見もあります。

カリキュラムについて(カナダで高校課程を修了するためには)

カナダの公立高校におけるカリキュラムは必修科目と選択科目で構成されており、州によって卒業するために必要となる単位数が異なります。例えば、カナダの中で留学先として人気のブリティッシュコロンビア州では卒業するために80単位の取得が必要となり、更には州の統一試験に合格する必要があります。(2018年に卒業要件の改定が行われ、州統一の卒業試験は廃止される予定です。)また、Grade 11以降になると必修科目が減っていき、将来を見据えて大学進学希望者は「一般教養課程」、就職希望者は「職業教育課程」を選ぶようになります。選択科目は各生徒が学校のカウンセラーと面談を行い、各自の進路に沿って適切なクラスを選択していきます。より早い段階から将来へ向けての準備ができ、また大学で何を学び、その学びをどう就職に活かしたいのかを考えていけるため、とても有意義な就学ができます。尚、もし仮に選択した科目が自分に合っていないと思う場合には、学期の初めに変更をすることが出来ます。授業は1日5時間(9時頃~3時頃まで)が一般的で、学生は自分が選んだ科目の教室に移動して授業を受けます。
カナダ高校留学の体験談※外部サイトに飛びます。
中学・高校一覧を見る

中学・高校留学に必要となる主な出願書類

  • ①入学願書

  • ②出願費用

  • ③パスポートのコピー

  • ④過去2-3年間の成績証明書

  • ⑤証明写真

  • ⑥予防接種履歴

  • ⑦1ページ以上の英文エッセイ

  • ⑧教員からの推薦状

⑤~⑧の書類は、学校により提出を必須にしているところもございます。
詳しくはカウンセラーからご案内させていただきますので、お気軽にお問合せください。

一般的な中学・高校留学の流れ

ステップ1(中学2-3年時):通いたい地域や学校を選択
カナダの高校へ入学できるタイミングは、9月または2月*です。私立校はそれ以外にも学期が始まるタイミングで入学できるところもあります。私立高校は通いたい学校へ直接出願書類を提出しますが、公立校は通いたいと思っている学校を管轄している学区(教育委員会)へ出願書類を提出します。まずはどのような学校へ行きたいのかを、進路も踏まえて決めていきましょう!
*セメスター制の学校でのみ2月入学を受け付けています。
ステップ2(中学3年次):必要書類の収集と入学願書の提出
  • 父親または母親と志願者本人が署名をした入学願書
  • 過去2-3年間の成績証明書または通知表の原本(英文)
  • 出願費用
※18歳未満の子供が一人でカナダに滞在する場合、後見人(カストディアン)の指定が必要となります。後見人は25歳以上の成人でカナダの市民権または永住権を保持していなければならず、多くの方は学区にカストディアン手配を依頼していきます。
ステップ3:出願結果
出願書類の提出後に審査結果が通知されます。早い場合は1週間以内に発表される場合もありますが、願書受付が始まった直後は審査に時間がかかる場合もあり1か月ほど結果が届かないこともあります。入学許可の通知を受け取った志願者は、学費やその他の費用を全額、教育委員会(私立校の場合は学校)宛に納入します。
ステップ4:入学許可証およびガイダンスレターの発行
  • 正式な入学許可証を発行してもらいます。

    入学許可証を受け取った志願者はカナダ移民局に就学許可証の申請をしなくてはなりません。

  • 留学生オリエンテーションについての案内があります。

    留学生のオリエンテーション参加は義務付けられており、通常は始業日の一週間前に行われます。

ステップ5:カナダ査証部へ就学許可証の申請
教育委員会(または、私立校の場合は学校)から発行してもらった書類を基に、カナダ移民局へ就学許可証の申請を行います。
ステップ6:カナダ到着
新入生対象のオリエンテーションに参加します。この時、カナダ移民局より発行された有効な就学許可証を持参します。オリエンテーションでは学校案内や生活案内の講座を受けたり、英語の学力評価テストを行います。このテスト結果を元に留学生用の英語クラスを受ける必要のある学生は、学生の英語レベルに合ったクラスを受講します。
  • 高校1年生のタイミングではなく、中学3年生や高校2年生になるタイミングでのご留学も可能です。
  • 転校の場合は、日本の中学・高校で得た単位の一部を移行することができる可能性があります。詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

中学・高校留学ブリッジ(準備)プログラム

カナダ、そしてバンクーバーがあるBC州は中学生・高校生の正規留学の受け入れに積極的に力を入れていて、現地の語学学校も入学する前の中高生をサポートしています。
語学学校が開講するブリッジプログラムは、すぐに高校に入学するには英語力がまだ低い生徒にアカデミック英語を教えたり、現地の高校という自国とは全く違う環境に受けるカルチャーショックを和らげるためにカナダの学習文化や習慣について指導するために設計された、準備課程のことです。
ブリッジプログラムを受講することによって、生徒は高校で本科を開始する時はだいぶ精神的な余裕もできているようになり、より集中して卒業に向けて励むことができます。中学・高校の正規留学を予定している方、特に日本以外の学校に通った経験のない方はどうぞブリッジの受講も合わせてご検討ください。

ブリッジプログラム提供のお勧めの学校

  • ILSCアイエルエスシー

    12-17歳を対象に設計されたカリキュラムで高校進学に向けた英語の勉強をします。

  • SSLCスプロケットショーランゲージカレッジ

    生徒がカナダの高校という環境になじめるようにねるべくカリキュラムを作っています。

  • Global Collegeグローバルカレッジ

    BC州のカリキュラムの科目とアカデミック英語を学習するプログラムがあります。

中学・高校留学の費用

カナダは公立の学校にも留学生は通うことができ、費用は公立校の方が低く抑えられます。
※下記の表は授業料と滞在費の目安。この他に航空券代、保険、カストディアン費、現地での生活費、課外クラブや修学旅行の費用、教材、制服の代金などがかかります。



公立 約230万円 / 年
私立 約300万円 / 年

提携学校・学区一覧

CAIS私立高校


私立高校


ブリティッシュコロンビア州にある公立高校(教育委員会)


ブリティッシュコロンビア州、バンクーバー島にある公立高校(教育委員会)


アルバータ州にある公立高校(教育委員会)


マニトバ州にある公立高校(教育委員会)

日本オフィス開催!『カナダ中学・高校留学説明会』

当センターの各日本オフィスにて『カナダ中・高校留学説明会』を開催しております!
バンクーバー留学センターを運営する株式会社DEOWでは、一月に1回程度でカナダの中・高校留学説明会を開催しております。カナダ中・高校留学における概要や魅力など、また学区のご紹介などをさせていただいております。情報を分かりやすく丁寧にご案内させていただいておりますので、カナダの中・高校留学を考えたいけど何から始めたらよいか分からない、どういった情報を集めたらよいか分からないという方にぜひご参加いただけますと幸いです。

説明会は席に限りがございますため、先着順のご予約制とさせていただいております。
説明会へのお申込みはお電話(0120-4192-09)またはお申込みフォームよりご参加希望をお送りいただけますと幸いです。

お問い合わせ

バンクーバーオフィス電話番号日本オフィス

0120-4192-09

月~金10:00~20:00 土日祝10:00~19:00

バンクーバーオフィス電話番号バンクーバーオフィス

1-604-349-0976

月~金10:00~18:00(バンクーバー時間)

Copyright © DEOW Education Canada, Inc all rights reserved.

無料お問い合わせ・説明会予約